町屋菊一の世界 第2章

町屋菊一の独り言です。

名盤!?紹介

町屋菊一です!
今回は是非聴いてもらいたいバンドと
そのアルバムを紹介したいと思います!
頭脳警察7」
皆さんは頭脳警察という日本のパンクバンドをご存知だろうか。今から50年近く前にPANTA(Vo.gt)、トシ(パーカッション)によって結成されたバンドだ。多分コアな音楽好きな人なら一度は見た事ある三億円事件モンタージュ写真が1stアルバムのジャケットになっているあのバンド。

f:id:iamrock3170:20190511195424j:image
ロンドンパンクなどが流行するも前から既に日本でパンクの姿勢をやっていた人たちで当時の日本の政治背景、学生運動の背景なども見て取れる。単に聴く音楽としてだけでなく一種の歴史的資料と言っても過言ではないかもしれない…!
そんな頭脳警察は1972年発売の1stアルバムが発禁(発売禁止)になり同年発売の2ndも1ヶ月あまりで発禁また3rdアルバムも一曲目からクスリの名前が入っていたり(笑)そんな過激なアルバムを多く輩出してきた。
しかしボーカルのPANTA曰くパブリックイメージへの疲れなどから4thアルバム以降は所謂フォークソング的な曲が多いアルバムが続き1974年 6thアルバム「悪たれ小僧」を最後に10年以上の時が空いた。

そして16年ぶりの1990年 「頭脳警察7」発売。
冒頭からボーカルとパーカッションのみという前衛的な曲で歌詞も「腐った卵が今孵る…」ともう既に危険そうな匂いが漂っているがそんな疑問も2曲目の「Blood Blood Blood」で払拭される。危険そうな匂いが漂っている のではなく本当に危険だったのだ(笑)
(因みにパーカッションのトシさん曰くこの曲が全アルバムを通して一番キツイらしい笑)
そして「煽動」「わかってたまるか」などの曲に続く10年分のPANTAの溜め込んでいた怒りが一気に全部爆発したこの感じ!最高!聴いている方も無敵になった気分。しかし今までと違うのは ただ怒り散らすだけではなく理性的にそして知性を持って社会や世間に刃を向ける。このスタンスが僕の中でのパンクロックと結びついたのかもしれない。
そしてラストを飾る「万物流転」では人間の儚さとおかしさを物悲しくもどこか力強く歌っている。


そんな伝説のバンド「頭脳警察」そして「頭脳警察7」機会があれば是非とも一度は聴いてほしい。

f:id:iamrock3170:20190511195407j:image