町屋菊一の世界 第2章

町屋菊一の独り言です。

円盤、レコード、バームクーヘン!①

こんばんは、町屋菊一です。

今回は僕の思い入れのあるアルバムについて話そうと思います。

 

真島昌利/HAPPY SONGS

f:id:iamrock3170:20190210190929j:image

ザ・ブルーハーツザ・ハイロウズザ・クロマニヨンズのギタリストとして圧倒的なカリスマ性を放つ真島昌利の1991年発売のソロアルバム「HAPPY  SONGS」です。

これは僕が高校一年生の頃、不登校気味になり毎朝、仕事へ行く父親に早朝にクルマで送ってもらっていた頃の話。

学校は滋賀県の北の方、雪が降りとても寒い日が続く2月このアルバムを聴きながら毎朝登校していました。

朝焼けと結露を車から眺めながら メランコリックなマーシーの世界を聴くのは朝から現状に対する不安や将来の不安など様々な気持ちを掻き立たせ なんとも言えない気分になりました。

でも「とても寒い日」「砂丘」「ガソリンアレイ」などの名曲が何故かその気持ちを妙に心地よくしていました。

このアルバムが終盤に差し掛かると

もう少しで学校に着く。

「ああ僕は今日も大嫌いなクラスメイトや先生たちと会わなければならない。」

そんな気持ちを抱えながら校舎に入る。

10分間休憩は理由もないのに保健室で過ごす日々。昼休みになると先生の休憩のため保健室からは追い出されるので孤独。

既に何回もリピートして覚えきったはずのアルバムを離れの校舎のベンチに座り聴きながら必死に時間が過ぎるのを待っていました。

そこにマーシーのあのしゃがれてるけど優しい声が流れるとなんだか僕の胸にグサグサ刺さりました。

そして下校時間、バスで帰らなければならないけどクラスメイトと同じ空間に居るのは嫌なので40分くらいかけて歩いて駅まで帰るのです。

夕方、夕焼けを横目にイヤホンから聴こえてくる「ガソリンアレイ」や「とても寒い日」などは朝、10時間ほど前に聴いた曲と同じはずなのに全く違うように聴こえました。

こんな毎日を送っていたので僕はこのアルバムを聴くと今でも当時の景色や匂いが蘇ってきます。とても感慨深い僕の好きなアルバムです。

よかったら聴いてみてください。