町屋菊一の世界 第2章

町屋菊一の独り言です。

お正月なんて大っ嫌い!!

皆様ごきげんよう。町屋菊一です。

今年も残り少し、ということは僕が子供の頃から大嫌いなお正月がやってくるということを意味する。憎き1月1日。

なぜ僕がお正月が嫌いか、理由は別に難しい話ではなく単刀直入に言うと「退屈」だからだ。世間は止まっている。

そして今でこそ僕も大きくなって自分で何処へでも行けるしなんでも出来る。でも辛かったのが小学生の頃、自分の力ではまだどこへも行けず しかし正月なので友達は帰省、また親は「元旦は寝正月」だとか言ってどこにも連れて行ってくれない。漫画も読まないしスマホも持っていない時代、僕にとって残された最後の娯楽はもはやテレビだけとなった。

 

しかし…………………

 

お正月特番 が 小学生の僕にとって

クッッッッソつまらないのだ。

どのチャンネルにしても芸能人が袴を着て司会をしている それだけ。今ならそこそこ楽しめるのかもしれないが当時は本当に面白く感じなかった。友達はいない、どこにも行けない、テレビはつまらない、 家の中の閉鎖的社会で毎年、生き地獄を味わっていたのだ……

さて、皆様はどのようなお正月を探すだろうか…

僕は 布団に潜って 読みかけの本でも読んでいようかな…f:id:iamrock3170:20181229180359j:image