町屋菊一の世界 第2章

町屋菊一の独り言です。

『食事界の名コンビ いなり と 巻きずし』

どうも町屋菊一です。

いなり寿司 と 巻きずしについて今回は真剣に考えてみた。この2組といえばスーパーの寿司、出前の寿司屋なんかでも どちらかと言うとサブキャラというか お世辞にも花形とはいえないしこう言っちゃなんだがランクが低いというイメージがある。(実際、桶に入った寿司セットなんかでも これらの入っているのは一番安いことも多い) それに いなり寿司は甘くてどことなく締まりが悪く また見た目もなんだか田舎っぽくてしわくちゃで食べている間のアクセントというものがない。

一方の、のり巻きは 干瓢、三つ葉、たまご、キュウリなど入っているにもならず 味は甘ったるくこれまたのほほんという平凡な感じがするのである。

しかし この2組が合わされば話は別だ。

そう助六寿司。これは一見地味な組み合わせに感じるが いなり寿司の甘ったるい 日常感に 飽きれば 箸休めに「のり巻き」を食べる しかし「さっきお前はこいつも甘いと言ったではないか!」と思われるだろうが この場合 その甘さは少しかすみ単体ではあまり意味を成さなかった 「海苔」というアイテムが引き立ち思わぬ口直しとなるのである。また、のり巻きに入っている高野豆腐、たまご、干瓢なども味こそは甘ったるいものの いなり寿司にはない嚙みごたえというアクセントを提供する事により消費者を底なし沼から引き上げてくれるのである。

また海苔には味がついていないのでそれも良いアクセントになる。

そして、そこに熱い緑茶、付け合わせのガリなどがあればなお一層良し。

まさに いなり寿司 と のり巻き というのは

食事界のジョン&ポール、ヒロト&マーシー、キヨシロー&チャボ のように切っても切れない そんな名コンビなのかもしれない。f:id:iamrock3170:20181116175911j:image