町屋菊一の世界 第2章

町屋菊一の独り言です。

名盤!?紹介

町屋菊一です!
今回は是非聴いてもらいたいバンドと
そのアルバムを紹介したいと思います!
頭脳警察7」
皆さんは頭脳警察という日本のパンクバンドをご存知だろうか。今から50年近く前にPANTA(Vo.gt)、トシ(パーカッション)によって結成されたバンドだ。多分コアな音楽好きな人なら一度は見た事ある三億円事件モンタージュ写真が1stアルバムのジャケットになっているあのバンド。

f:id:iamrock3170:20190511195424j:image
ロンドンパンクなどが流行するも前から既に日本でパンクの姿勢をやっていた人たちで当時の日本の政治背景、学生運動の背景なども見て取れる。単に聴く音楽としてだけでなく一種の歴史的資料と言っても過言ではないかもしれない…!
そんな頭脳警察は1972年発売の1stアルバムが発禁(発売禁止)になり同年発売の2ndも1ヶ月あまりで発禁また3rdアルバムも一曲目からクスリの名前が入っていたり(笑)そんな過激なアルバムを多く輩出してきた。
しかしボーカルのPANTA曰くパブリックイメージへの疲れなどから4thアルバム以降は所謂フォークソング的な曲が多いアルバムが続き1974年 6thアルバム「悪たれ小僧」を最後に10年以上の時が空いた。

そして16年ぶりの1990年 「頭脳警察7」発売。
冒頭からボーカルとパーカッションのみという前衛的な曲で歌詞も「腐った卵が今孵る…」ともう既に危険そうな匂いが漂っているがそんな疑問も2曲目の「Blood Blood Blood」で払拭される。危険そうな匂いが漂っている のではなく本当に危険だったのだ(笑)
(因みにパーカッションのトシさん曰くこの曲が全アルバムを通して一番キツイらしい笑)
そして「煽動」「わかってたまるか」などの曲に続く10年分のPANTAの溜め込んでいた怒りが一気に全部爆発したこの感じ!最高!聴いている方も無敵になった気分。しかし今までと違うのは ただ怒り散らすだけではなく理性的にそして知性を持って社会や世間に刃を向ける。このスタンスが僕の中でのパンクロックと結びついたのかもしれない。
そしてラストを飾る「万物流転」では人間の儚さとおかしさを物悲しくもどこか力強く歌っている。


そんな伝説のバンド「頭脳警察」そして「頭脳警察7」機会があれば是非とも一度は聴いてほしい。

f:id:iamrock3170:20190511195407j:image

円盤、レコード、バームクーヘン!①

こんばんは、町屋菊一です。

今回は僕の思い入れのあるアルバムについて話そうと思います。

 

真島昌利/HAPPY SONGS

f:id:iamrock3170:20190210190929j:image

ザ・ブルーハーツザ・ハイロウズザ・クロマニヨンズのギタリストとして圧倒的なカリスマ性を放つ真島昌利の1991年発売のソロアルバム「HAPPY  SONGS」です。

これは僕が高校一年生の頃、不登校気味になり毎朝、仕事へ行く父親に早朝にクルマで送ってもらっていた頃の話。

学校は滋賀県の北の方、雪が降りとても寒い日が続く2月このアルバムを聴きながら毎朝登校していました。

朝焼けと結露を車から眺めながら メランコリックなマーシーの世界を聴くのは朝から現状に対する不安や将来の不安など様々な気持ちを掻き立たせ なんとも言えない気分になりました。

でも「とても寒い日」「砂丘」「ガソリンアレイ」などの名曲が何故かその気持ちを妙に心地よくしていました。

このアルバムが終盤に差し掛かると

もう少しで学校に着く。

「ああ僕は今日も大嫌いなクラスメイトや先生たちと会わなければならない。」

そんな気持ちを抱えながら校舎に入る。

10分間休憩は理由もないのに保健室で過ごす日々。昼休みになると先生の休憩のため保健室からは追い出されるので孤独。

既に何回もリピートして覚えきったはずのアルバムを離れの校舎のベンチに座り聴きながら必死に時間が過ぎるのを待っていました。

そこにマーシーのあのしゃがれてるけど優しい声が流れるとなんだか僕の胸にグサグサ刺さりました。

そして下校時間、バスで帰らなければならないけどクラスメイトと同じ空間に居るのは嫌なので40分くらいかけて歩いて駅まで帰るのです。

夕方、夕焼けを横目にイヤホンから聴こえてくる「ガソリンアレイ」や「とても寒い日」などは朝、10時間ほど前に聴いた曲と同じはずなのに全く違うように聴こえました。

こんな毎日を送っていたので僕はこのアルバムを聴くと今でも当時の景色や匂いが蘇ってきます。とても感慨深い僕の好きなアルバムです。

よかったら聴いてみてください。

 

 

お歳暮とかにもらうギザギザのお菓子

皆さまご機嫌よう。町屋菊一です。

 

少し時期がずれていますが「お歳暮」といえば皆さんはどんなものを想像するだろうか。

 

高級ハム、平らなカップのプリン、洗剤、入浴剤、洋菓子、などなど各家庭により様々なところであり毎年、暮れの密かな楽しみの1つにしている人も多いと思う。

かくいう僕も子供の頃は楽しみだった。

それがゼリーやハムだったならなおよし。

 

しかし、ひとつだけ存在自体を許せない 何のために存在するのか お前はなんなんだ と言いたくなる 僕が個人的に大嫌いなモノがひとつだけある。それはギザギザなクッキーみたいな味で中に少し硬めのクリームが挟んであるやつ。

 

これ↓

f:id:iamrock3170:20190120180648j:image

 

これが本当に僕は嫌いだった。

そもそも洋菓子か和菓子なのかもわからない。

これを送ってくる親戚は決まってお年玉も少なかった(偏見) しかも このお菓子を大きな箱入りで送られてきたときはたまったもんじゃない。

暮れの災難だ。

ひとつ食べたら物足りないけど2つ目は胸焼けする。お茶に合うわけでもなくコーヒーにも合わない。クリームが絶妙に硬くて油っぽい。

味は正直、不味くて食べられないというわけではないのがまた難点。。

 

なんなんだお前は!!

 

このお菓子を作ってる会社の人 ごめんなさい。

でも これだけはどうしても受け付けない。

というお話でした。